引越し 手順

引越しの手順を確認しよう

引越し 手順

 

引越しの時はすることが多いので、だいたいの手順を知っておくと無駄な動きが少なくて済みます。
ぜひ一度、手順をご確認ください。

 

引越し業者への見積もりは新居が決まってすぐがオススメです。
なぜなら新居の情報がないまま見積もりをしても、正確な金額が計算できないからです。
エレベーターの有無やトラックの停める場所によって、引越し作業にかかる時間が変わるため新居の情報は重要なのです。
場合によっては引越し当日に追加料金が発生します。

 

・引越し前に不要品は処分して、できるだけ荷物を減らして見積もりをした方が引越し費用が安くて済みます。
不要品をフリマアプリなどに出品しても売れるまでに時間がかかりますから、早めに動きましょう。

 

市外へ引越しする場合は、引越しの2週間前から転出届を出すことができます。
転出届を出さずに引越しすると、後から提出しに戻ったり書類を送ってもらうなどの手間と時間ががかかるようになりますのでお忘れなく。
他にも役所関係の国民健康保険や年金、児童手当の手続きなどもしておきましょう。

 

電気、ガス、水道などは引越し日までの料金を日割りで精算してくれますので、そのように手配しておきましょう。
方法は会社によって異なりますので、電話で確認してください。
ガスは安全のために引越し日に立ち合いで元栓を閉める作業があることがあります。

 

・郵便物も引越しさせなければなりません。
これは最寄りの郵便局で「転居届」を提出すれば、1年間だけ新居に郵便物を転送してくれますから、その間に知り合いに引越しの連絡をしましょう。
転居届とともに身分証明書や前の住所が記載されたハガキなどが必要です。

 

・引越し当日、荷物の運搬は引越し業者にお任せください。家具家電の配置を連絡してください。
しかし引越し業者が運べない荷物があります。
現金・貴金属・通帳・印鑑・高級品や、パソコンのデータ・遺影など財産やとても大切なものは自分で管理しましょう。

 

引越ししたら新居に最寄りの市町村役場に市外引越しなら「転入届」を、市内引越しなら「転居届」を提出しましょう。
引越し後2週間以内に行ってくださいね。

 

・最後に運転免許証やパスポートなどの身分証、各種保険や銀行、クレジットカードなどの住所変更をしてください。

 

いろいろすることはありますが、時期がずれていますので少しずつなんですよ。