ベッド 移動

ベッドの移動は引越し業者がおすすめ

ベッド 移動

ベッド 配送

ベッド 配達

ベッド 輸送

ベッド移動

ベッド 郵送

 

ベッドを移動するのは大変な作業です。
引きずって床に傷をつけたり、腰を傷めたりする原因になります。

 

ベッドの移動は引越し業者がオススメです。

 

引越し業者は一括見積もりが出来ますので、相場や最安値も簡単にわかります。

 

引越し一括見積もりはこちら

クロネコヤマト引越センター
も加盟しています↑↑

 

引越しだけでなく、家の中でベッドの位置を変えたいとかいらなくなったベッドを知人にあげたいなどの依頼でも引き受けてくれます。

 

大きな家財だけを運ぶサービスがありますので、お気軽にお問合せくださいね。

 

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3分で最もお得に!!

引越し価格ガイド

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり
クロネコヤマト引越センターが参加

ズバット引越し

・安い引越業者を探す方法は必見
・最大50%安くなる理由とは


ホームズ引越し

・はじめての引越しにおすすめ

 

 

 

引越しと初期費用

 

ベッド移動初期費用

 

引越しには結構、初期費用ががかかります。
金額が大きいものは、引越し代と物件の契約料だと思われます。
賃貸物件を初めて借りるという方は、入居時にかかる初期費用についてよくわからないと思います。

 

賃貸物件を契約する際にかかる費用には、敷金・礼金・家賃2〜3か月分・仲介手数料・火災保険、そして連帯保証会社利用費用・カギの交換費用などがかかります。

 

ひとつひとつの項目を見ていきましょう。

 

敷金は物件の退去の際に傷んだ箇所を補修する費用で、貸主に最初に預けるという形になっています。
部屋を綺麗に使っていれば退去時に返還されますが、契約内容によっては一部または全額を返還しないことになっている場合もあります。
契約書をしっかり確認しましょう。

 

礼金は貸主へのお礼として昔から慣習的に支払われているものですが、最近は礼金ゼロという物件もあります。
部屋を探している人が少しでも入りやすくするために、礼金ゼロにしている貸主さんもいます。

 

しかし2か月分、3か月分の家賃を先払いを求める貸主もいます。
最近家賃の滞納が社会問題となっており、ちゃんと家賃を支払う能力がある人かどうか確認するという意味合いもあります。
逆に1か月フリーレントといって、「1か月分の家賃が無料ですので、ぜひうちの物件にお入りください!」という貸主もいます。

 

考え方は人それぞれですから、物件を探すときに注意してみてくださいね。

 

仲介手数料は物件を紹介してくれた不動産会社に支払う費用です。
仲介手数料は法律で決まっていませんので、家賃1カ月分だったり、家賃の数パーセントだったりと会社によって決まっています。

 

以前は賃貸契約の際に連帯保証人として親の名前などを契約書にサインさせたりしたもので、連帯保証人を2人用意してくださいという物件もありました。
最近はいろいろな事情があって連帯保証人を用意できない人が増えたため、連帯保証会社利用費用を支払って保証会社に依頼するのが主流になりつつあります。

 

賃貸物件は集合住宅なので火が出ると燃え移る可能性が高いです。ですから必ず火災保険に加入させられます。
もし隣部屋の方が火元で火災が起こったとしても、自分が火災保険に加入していなければ相手に賠償を請求することはできません。
もらい火も自己責任なので、火災保険の加入は必須です。

 

物件に入居する際に鍵の交換を行います。
マスターキーは管理会社や大家に返却されますが、前の住人がスペアキーを作っていた場合はこれらまで回収できません。
そもそも合鍵は何本作られたのかもわかりませんので、やはりカギは新しくしたほうがいいです。。
費用は1.5〜2万円くらいです。

 

このように契約時にかかる費用は物件を扱う不動産会社や貸主さんの考え方によってかなり差がありますから、契約書にサインをする前にしっかり確認しましょう。

 

 

引越し料金を安くする方法

 

ベッド移動安く

 

引越しの費用は荷物の量が同じなら、どの月に頼んでも料金が同じというような単純な話ではありません。

 

1年のうちで引越しの件数が最も多いのが3月です。
この時期はどうしても引っ越しの料金は高く設定されていますので、ずらせるなら3月の引越しは避けましょう。

 

そして土日祝日の午前中に引越ししたいという人は多いため、平日に比べると休日の引越し価格は高めです。
出来るなら平日の午後の引越しがオススメです。
時間指定をしないフリー便であれば、割引のある引越し業者もありますので狙い目です。

 

もし引越しを手伝ってくれる人がいるなら、トラックとドライバーだけを手配するチャーター便もオススメです。
軽トラックをレンタルするという手もありますが、荷物を荷台に上手に載せるのは素人には難しいです。
1度にたくさん載せることが出来ませんので、何度も往復することになったり、レンタルの時間内に作業が終わらないなどゴタゴタする可能性もあります。

 

遠距離の引越しは最も引越し費用がかかります。
もし時間に余裕があるのなら同じ地域に荷物をまとめて運ぶ混載便を利用するという手もあります。
これは配送までに時間がかかるかもしれませんが、費用がかなり抑えられます。

 

 

引越しのあいさつへ行くタイミング

 

引越し挨拶

 

引越ししたら挨拶に行きましょう。
でないと「挨拶もできない人」という印象が出来上がってしまい、何かと居心地が悪いからです。

 

引越しの挨拶のタイミングは、引越し当日か翌日に行くといいですね。
先延ばしにすると段々と引越し作業で疲れて面倒くさくなったり、先に道や廊下でバッタリ会ってしまってタイミングを逃したりします。

 

引越し日までに簡単な粗品を用意してから行くのがおすすめです。
粗品は500円とか1000円くらいの日用品やお菓子がいいです。タオルや洗剤などの消耗品も喜ばれると思います。

 

ではどこのお宅まで挨拶に行けばいいのでしょうか?

 

マンションやアパートなら上下左右の部屋の方に行くのが一般的です。
大家さんや管理人さんが近くにお住いの場合は、その方にもご挨拶しておくといいと思います。

 

一戸建ては昔から「向こう三軒両隣」と言って、自分の家の向かい側3軒と左右隣の2軒、合計5軒です。
一軒家は住人専用のゴミ収集所がないこともあって町内で当番制で収集場の清掃を行っている所が多いかと思います。
ですから自治会長さんにもご挨拶して、ゴミ出しのルールなどを聞いておくと安心ですね。

 

 

引越しの時期と費用の関係

 

引越し時期と費用

 

引越し業者には繁忙期があります。
この時期は全国どこの引越し業者も忙しく、引越し料金も他の月よりも高めに設定されています。
もし引越しの時期にこだわりがないのであれば、繁忙期は避けたほうが無難です。

 

では繁忙期とはいつのことで、忙しくなる理由はなんなのでしょうか?

 

ズバリ繁忙期というのは3月のことです。
正確に言いますと2月の終わりから4月の頭にかけて繁忙期は続きます。

 

引越し業者が3月に繁忙期を迎える理由はいくつかあります。

 

4月の新学期を前に新大学生や新社会人が大学や会社に通うために引越しをするからです。
さらに春は企業の人事異動もあり、転勤のサラリーマンとその家族、単身赴任のサラリーマンの引越しもこれに重なります。
そして通常の引越しもあるのです。

 

つまりこれだけの人が引越しする理由が3月にあるわけですから、どの引越し業者も忙しいわけです。
スタッフを増員したり、1日に何回も現場を回っても、すべての依頼を引き受けることができない日も出てきます。
そういう日は本当に依頼を断られることがあるのです。

 

もし繁忙期に引越しをするなら、新居が決まったらすぐに複数の業者に見積もりを依頼して一番条件の良い引越し業者と契約しておきましょう。
この時期の引越しはスピードが命です。

 

 

 

ベッド配達 家具運送 ベッド搬送